炊き込み生活 カボチャ編

2017.11.13 Monday 17:37
0
    家事や外食にも疲れたら…是非。炊き込み生活をおすすめします。

    調理は炊飯ジャーにお任せ。

    僕は、昔ながらのシンプルな炊飯ジャーが眠っていたので、それを使っています。最近のジャーは高性能で壊れたら悲しいのでね。物置の片隅に仕舞われていたジャーにとっては喜んでくれているはず。

    研いだご飯に少なめの水を入れて。お醤油をお好みの量をタラリ。その上にお肉を置いて。次に、エノキダケを置いて。その上にそっとカボチャを置いて、と言う感じ。



    かなり豪快なイメージでオッケー。

    後は、炊き込みモードでスイッチオン。

    蒸されたカボチャは、最高の仕上がりですよ。
    炊き上がった後は、お好みで、ヘラで小分けもオッケーだし、カボチャだけ取り出してサラダにしてもオッケー。豪快に混ぜ混ぜしても大丈夫。

    体にも優しい。

    自分いたわり時間になりますよ。
    category:タッカ ページ | by:カポcomments(0) | -

    雨に唄えば

    2017.11.13 Monday 15:42
    0
      昨日の青空は、冷えた雨雲にすっかりと塗りつぶされてしまった。


      函館の街は日に日に冬の色に染められて行く感じです。



      旧丸井今井デパートの2階から十字街交差点を眺める。

      雨に唄えば。

      このサワサワした気持ちでも、歌を唄ってさえいれば大丈夫と思える。



      雨に唄えば。

      もちろん。今日もしっかりと唄ったさ。

      もっともっと高い場所に向かいたいからね。

      日々を歌い重ねて行く。
      category:タッカ ページ | by:カポcomments(0) | -

      プレゼント

      2017.11.12 Sunday 17:47
      0
        昨年6月から始めた歌声カフェは
        おかげさまで200回を超えまして、
        各会場でおなじみさまも増えています。

        みなさん、私たちカポのことを
        子どものように思ってくださっていて
        色々なプレゼントを持ってきてくれます。

        オススメのお菓子
        旅行のおみやげ
        秘密の場所で採った山菜
        自家製新鮮野菜などなど

        持ってくるの重かった〜〜と言いながら
        ちゃんと高島家と土橋家の分と
        二袋にわけてきてくれる。

        ありがたいなぁ〜。
        あたたかい気持ちが
        本当に嬉しいです。


        さて、今日の土橋家ディナーは
        「手巻き寿司」
        寿司というとなぜか唐揚げとポテトも
        となるのは
        回転寿司慣れしてるから。

        そんな訳で、本日のポテトは
        おなじみさまからいただいた
        厚沢部メークイン

        スペシャルポテトこれから揚げます!

        注)おみやげ催促してる記事じゃありませんよ〜
        あなたの歌う表情が
        カポにとって一番のプレゼントです^_^
        category:アミ ページ | by:カポcomments(0) | -

        可能性

        2017.11.12 Sunday 15:22
        0
          歌い手としての可能性

          作曲家としての可能性

          作詞家としての可能性

          踊り手としての可能性

          振付師としての可能性

          作家としての可能性



          僕は、自分の可能性をこの景色に問うてみる。

          『僕自身の可能性は、どこまで来ていますか?まだ可能性に向かっていていいですか?』
          だいぶ、ひとまとまりな可能性に出来てきたと思うのだが…。

          そんな、僕の問いに、浜菊は、ただ秋の潮風に揺れているだけ。

          浜菊は…。
          『萎れても尚、空に向かうのは、少しでもあなたと、話しをしていたかったから』と、あの日伝えてくれた。

          今年も、もう少しで、浜菊に雪の帽子が積もるんだね。





          可能性を信じる。

          可能性を信じて、一歩前へ。1秒先へ。

          もっと。一気に行きたいけど…こればかりは、積み重ね。一歩一歩。1秒1秒。
          結果は、積み重ねないと着いてこない。





          可能性

          自分自身の可能性

          もっともっと高めて行きたいと思う。

          その為には、もっともっと潮風と同化しなくてはいけないのかな…。

          そして、もっともっとワインを飲まないといけないのかな…。『うん。確かに!』



          啄木小公園に咲く浜菊の中にまだ、こうして白い花びらを見せていてくれる浜菊がところどころに咲く。蕾のままのもいる。

          それぞれの咲きがあるんだ。

          そして。それぞれが可能性なんだ。

          僕自身の可能性は、今日も明日も咲き積み重ねて行く。

          僕が描く。僕自身が描く可能性をひとつの丸にして、僕の真ん中に置いてみせる。

          優しい。浜菊よ。

          真冬も。この花は、僕を勇気付けてくれる。

          僕は、この浜菊の花言葉に『勇気』を持たせたいと思った。

          啄木小公園の素敵な浜菊。
          まだまだ見頃です。
          category:タッカ ページ | by:カポcomments(0) | -

          七飯を後に

          2017.11.12 Sunday 12:46
          0


            久しぶりの晴れた秋の空が広がる。

            キリッと冷えた空気はそろそろ雪の訪れの予感ですね。

            昨日は、あんなにも暴風雨の景色だったのに自然の移ろいは早くて切り替えも鮮やかだな。


            線路は続くよ〜どこまでも〜

            …次の歌詞何だったっけ…。



            さて。函館までユラユラ。
            キャノンを迎えに行こう。
            category:タッカ ページ | by:カポcomments(0) | -