みんなの絵本発表会

2019.03.31 Sunday 19:02
0
    今日は「カポの絵本の会」の
    発表会でした。

    昨夜からの雪が積もって
    朝には真っ白な別世界になり、
    みなさんの描いた絵が映える
    ステキなキャンバスのようでした。

    雪だからなのでしょうか
    来られなかった方も
    数人いらっしゃいましたが、
    絵本の会のメンバーさんの力作を
    お客様は心から楽しんでくださったと
    思います。


    作品を少しだけ紹介しますね。





    かさはらかおこさんの作品
    『まんまるお月さまとはつ雪』

    昔飼っていた猫ちゃんが出てくる物語。
    朗読がとても上手で
    絵にもオリジナルの工夫凝らした
    あたたかい絵本になりました。






    おざわことはさんの作品
    『つくえになった木さん』

    小学低学年ののびのびとした絵と
    テンポ良い文章で
    素晴らしい完成度になりました。
    朗読も何度もお家で
    練習してくれたようで、
    とても落ち着いて発表してくれました。






    ふじたりょうさんの作品
    『虹色脳油 ながれ』

    ふじたさんと同郷の
    小笠原鳥類さんの詩に
    絵をつけるという独特のアイデア作。

    正直、私には何を伝えたい詩なのか
    理解することは難しかったのですが
    ふじたさんの絵からは
    みずみずしさが伝わってきました。
    朗読をさせていただいたのですが
    とても楽しめました。






    くぼたるみさんの作品
    『わかってくれるかなぁ』

    赤ちゃんのお母さんへも気持ちを
    綴った作品。
    新米お母さんへの深い愛情を
    感じられます。

    私もお母さんなので
    赤ちゃんだった娘や息子を思い出しながら
    こんな絵本になったら良いのでは?と
    くぼたさんと頭を付き合わせて
    何度も何度も変更を加え
    改良していく作業は
    とても楽しかったです。

    この作品はちゃんとした
    絵本の形にしたいという
    くぼたさんの希望なので
    まだまだこれから更に
    改良してステキな絵本になります。






    たかせまいさんの作品
    『うつくしいものをみなさい』

    天国へ行ったお母さまの絵と
    たかせさんご自身の絵と
    小さな息子さんの絵を
    ひとつの作品にしてくれました。

    お母さまへの想いを文章にし たかせさんらしい
    ステキな優しい絵本に仕上がりました。

    タッカさんはこの作品に感化され
    歌を作ってしまいました。

    これまたステキな歌で
    私はこの曲を何度聴いても
    涙がポロポロ出てしまいます。




    そして…



    カポの作品
    『あしたてんきになぁれ』
    も初発表となりました!

    2年前にタッカさんが作詞作曲してくれた曲を
    おはなしにした作品。

    いい絵本になったなぁと
    自画自賛しております^_^



    すべての作者さんたちが
    スクリーンに映し出された
    ご自分の絵を観て
    とても喜んでくれた顔は
    キラキラに輝いていて
    絶対に忘れたくない
    私の大切な宝物になりました。


    参加してくださったメンバーさん、
    ご来場くださったみなさま
    そして、このような独自の企画を認め
    応援してくださった自閉症啓発デー函館支部の
    実花先生、高橋先生、みなさまに
    とても感謝しております。

    ありがとうございました。
    category:絵本 | by:カポcomments(0) | -